巨人 初回、MLB選抜に先制許す 坂本勇が2点タイムリーエラー

巨人 初回、MLB選抜に先制許す 坂本勇が2点タイムリーエラー

 ◇エキシビションゲーム 巨人―MLB選抜(2018年11月8日 東京D)

<巨人・MLB選抜>初回2死二塁、高田はスアレスを空振り三振に仕留める(撮影・篠原岳夫)

 巨人は8日、日米野球(9日開幕、東京ドームほか)で侍ジャパンと対戦するMLB選抜と東京ドームで行われたエキシビションゲームで対戦。初回に坂本勇のタイムリーエラーで2点を先制された。

 原辰徳監督(60)の復帰後初采配ということでも注目された1戦。初回、2死二、三塁で5番・ソトの遊ゴロをさばいた坂本勇が一塁へ悪送球して2人の走者が一気に本塁生還を果たした。

 先発マウンドに上がった20歳の右腕・高田は2失点後、6番・スアレスを空振り三振に斬って取りチェンジ。初回から3つのアウトをすべて三振で奪うなど力投を見せている。

Source: プロ野球 – Baseball Gate

プロ野球ニュースカテゴリの最新記事

/* POP+スプラッシュタグ */ /* インスクロールタグ */