ヤクルト・中沢 新フォームで「成果出せた」350万増で更改

ヤクルト・中沢 新フォームで「成果出せた」350万増で更改

 ヤクルトの中沢雅人投手(33)が11日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、350万円アップの年俸2100万円(金額は推定)でサインした。

契約を更改し、会見するヤクルト・中沢

 今季は37試合に登板。昨秋キャンプから左打者対策として取り組んだ腕を下げた新フォームで挑み「今年は勝っている場面で対左として登板機会をもらって、その練習の成果は出せたかなと思う」と振り返った。課題には制球面を挙げ「コツコツと練習して、よりよい自分にしていきたい」と話した。

 節目のプロ10年目へ「今年を超えられるように。50試合登板、ホールドは15~20取りたい。防御率が今年は悪かった(6・91)ので、改善しないといけない」と意気込んだ。

Source: プロ野球 – Baseball Gate

プロ野球ニュースカテゴリの最新記事

/* POP+スプラッシュタグ */ /* インスクロールタグ */