マジック点灯もしてないのに机上の計算で優勝ライン検証。

マジック点灯もしてないのに机上の計算で優勝ライン検証。

えー、社会人のみなさんはお盆休みの人が大半なのかな?学生のみなさんは夏休み中でしょうけど、お盆休みといっても今日はカープの試合がないので休みを1日無駄にしてるような感じもしますね(他にやることないんかい)

 

さてカープはすでに三連覇確実の空気の中試合を消化していってる感じですが、まだマジックも出ていない状況です、まあそれは阪神との対戦がまだ11試合も残っていて阪神が残り試合数も一番多い48試合もあるからなんですよね。

 

ですので明日からの阪神3連戦の間にマジックはおそらく出るでしょう、現時点では阪神が残り試合全部勝って48勝0敗、その場合カープが勝率で上回るためには34勝10敗でいかなければいけない、阪神がカープとの試合を11試合残しているからまだマジックが出ていないという状況ですね。

 

まあ阪神が48勝0敗でいくなんてことありえないことなんで、ここから調子を上げていって勝ち星を積み重ねていったとしても48試合を2勝1敗ペースでいくとして32勝16敗、そうなるとカープは18勝26敗でいいということになりますね、これだと77勝64敗2分で良くなる。

 

まあカープの場合ここから5割で勝ち星を積み重ねても81勝まではいくんですよ、77勝ってあまりにも優勝ラインとしては低いような気もしますがこれは阪神を対象として考えた場合のこと、他球団が自力優勝がすでにない状態なのですが他球団はどのくらい勝たなくてはいけないのか見てみます。

 

まずジャイアンツは試合数消化が一番多く106試合をすでに消化済み、残り試合は37試合しかありませんカープとの直接対決も残り6試合しかないので優勝はほぼ絶望的と言えるような気もしますが5球団の中では先発がしっかりいるので大型連勝は一番する可能性があるチームでしょう。

 

優勝というよりは2位をどうやってキープするかのこれからの戦いになっていくのが現実的なとこかもしれません、実際37試合すべて勝ってもカープが去年と同じ88勝してしまうともうアウトなので3勝1敗ペースで勝ったとしても28勝9敗ぐらいですね、これでもカープは5割以下の21勝23敗の80勝すればいいということでまあかなりジャイアンツは厳しいですよね。

 

続いてヤクルトは阪神の次に残り試合数が多い45試合ありますしカープとの直接対決も10試合ありますのでマジック対象がこっちに途中から移る可能性もあります、45試合すべて勝って91勝、その場合カープは33勝11敗の92勝必要ですがさっきも言ったように45勝するなんてことはほぼ不可能なのでこちらも2勝1敗ペースと考えてみると30勝15敗で77勝65敗1分でカープは阪神と同じく18勝26敗の77勝64敗2分でいいわけです、こう見るとヤクルトもかなり厳しいんですね。

 

同じように横浜は残り43試合でカープとの直接対決10試合、全部勝ってもカープが29勝15敗でアウト、例え30勝13敗のハイペース勝ちでもカープがあと16勝(75勝66敗2分)してしまうとアウトですね、優勝はもう厳しいと言わざるを得ないでしょう。

 

中日は消化試合も多いし現在最下位なので良い材料はありませんが、3位なら可能性が全然あるという状況です、まあ2位以下が100試合前後消化してる状況で未だに借金生活という前代未聞のシーズンなのでクライマックス進出だけはどのチームにもまだ可能性があるというか最後までわからない感じです。

 

一応中日は残り39試合全勝で84勝58敗1分、カープとの直接対決7試合ですがカープが25勝19敗でアウト30勝9敗のペースでもカープが16勝でアウトです、まあ中日こそクライマックスを目指しての戦いでしょう、それともすでに来年のことを見越してのチーム作りでしょうか、ルーキーで頑張っていた鈴木が登録抹消で田島も下で調整中ではなかなか勝つこと自体が厳しい現状です。

 

ここに書いたことは引き分けとかは考えずに書いたことで尚且つ今現在での計算上のことです、しかも自分で計算してるので間違いがあったらゴメンなさい、まあそこらへんは目安として考えてくれればいいだけの机上の計算なので。

 

まあ見ての通りカープの3連覇は時間の問題で優勝ラインは80勝ぐらいと考えてくれればいいんじゃないでしょうか、確かに何が起こるかわかりませんが2位以下がとにかく潰し合いで勝率5割を割っている現状でここから大型連勝するチームが出てくるとも思えない、大体連勝してきて勢い出てきたチームをカープが潰してるんですからそりゃ独走状態にもなる。

 

別に油断も慢心もしてませんしカープのチーム状態を見ても、他球団よりはいいと思います他球団は結構けが人に泣かされている状況ですし、カープもですが投手陣が充実していないし期待の投手が勝てていないってのもありますかね。

 

カープ首脳陣もこの状況をみてすでにポストシーズンを見据えた戦いをしてるかもしれません、會澤がここんとこスタメンで出ていないのもベンチには入ってるけどどこか痛めてるところがあるんだと思います、いろいろ思い当たるプレーありましたよね、アツは責任感強いから少々の痛みでも何も言わず出場していたんだと思います。

 

デッドボール多い、キャッチャーだからファールチップがガツンガツン当たる、自打球もインコース攻めのせいで多い、キャッチャーは毎試合デッドボール食らってるような大変なポジションですからここからはあまり無理させないかもしれません、と言っても試合に出ないと調子が維持できませんのでずっと休んでるわけにもいきませんが。

 

一番考えなくてはいけないのは勝ちパターンでしょう、現在カープの勝ちパターンって良くわからないんですよ、抑えが中崎ってことだけは決まってますけど最近は調子落ち。8回をフランスアということにしてるみたいだけど試合展開によっては流動的、ジャクソンと今村がようやく戻ってきたと思ったらジャクソンはイマイチでまた2軍行き、今村が好投を連発したので今村の使い方をどうするかでしょう。

 

私は前にフランスアを抑えにするのはまだ早いと書いたと思うんです、それはセットアッパーと抑えでは緊張感が全く違うので中崎だけでなくフランスアまでおかしくなるのが怖いからですし、フランスアはピンチで投入できるし回またぎもできる使い勝手の良さがあるということ、フランスアはあくまで8回を任せるセットアッパーがいいでしょう、ピンチが7回に来れば前倒し投入といった使い方がベストです。

 

しかし優勝がほぼ決まってる現状で回またぎさせる必要はなくなったといえるかもしれません、実際最近はフランスアを回またぎさせていません、もうポストシーズンでフル回転してもらうことは確実でしょう、下手するとそこで8、9回の回またぎもさせる可能性あります、それだけの存在になりつつあります。

 

そうなると今現在の抑えですが中崎を我慢して抑えで使うのがおそらく首脳陣の考えでしょう、今村抑えってのもアリなんですけど、中崎がよっぽどおかしくならない限りそれはしないでしょう、コントロールミスで陽に打たれた同点弾のイメージが強いんですがそれだけで抑え失格の烙印を押すのは早すぎます、カープだって横浜の山崎を2試合打ち込んだんですし抑えの失敗はどこの球団もあるのです。

 

むしろ中崎はそれでもセーブリーグ1位なんですからここで抑えから下ろしたらむしろ中崎のモチベーションは下がるでしょう、とにかく最低でもシーズンは中崎抑えで最後までいくべきです、7回を今村、一岡、アドゥワでまかなって8回フランスア、9回中崎で3連覇達成までは頑張って行って欲しいと思います。

 

まあ一番頑張って欲しいのは先発なんですけどね、それでも野村、岡田、大瀬良、ジョンソンと試合を作り出してきたので一時の中継ぎの負担は軽減されてくるかもしれません。

 

最後は話が変わってきてしまいましたがやることがないので(悲しいな)ダラダラと書いてしまいました、明日はジョンソンと岩貞です、負けないジョンソン、カープに勝てない岩貞ですのでしっかり敵地でも勝って60勝目いきましょう、そしてマジック点灯です。

 

それでは。

ダウン押していただけるとブログ書くはげみになります。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村


広島東洋カープ ブログランキングへ

押していただいた方ありがとうございます!

 

 

 

 

Source: カープが日本一になるまで続けてみせるブログ。って頼むぞカープ・・・

カープ応援ブログカテゴリの最新記事

/* POP+スプラッシュタグ */ /* インスクロールタグ */